妄想鉄道研究所

なにわ筋新線がもぞもぞと動き出した (所長室/0059)

 ここ最近、なにわ筋新線がホットな話題となっています。

 図示しないと判り難いのですが、

  1. (南海)新今宮~南海新難波(仮)~西本町(仮)
  2. JR難波~西本町(仮)~中之島~北梅田(仮)~新大阪

 の2路線を建設して、関空から北梅田(仮)まで最短で40分を切るということであります。

 注目すべきは、これに阪急が食指を伸ばしているということであり、先日の報道では、

  • 北梅田(仮)~十三

 の新線(狭軌?標準軌?)を建設するとか、つい最近のニュースでは

  • 十三~新大阪

 のいわゆる新大阪連絡線も「実現させたい」という意図をもっているとのことです。新大阪~淡路間は事業免許が失効しているのですが、十三~新大阪を実現するだけでも確かに阪急各駅から新幹線へのアクセス性は格段に改善されます。

 以上のプランが全て実現すれば、在阪の各民鉄からは

  1. 南海…高野線からは天下茶屋乗換でOK(現状どおり)
  2. 近鉄…難波乗換でOK(現状どおりだが選択肢が増)
  3. 阪神…梅田~北梅田(仮)、または難波乗換(現状どおりだが選択肢が増)でOK
  4. 京阪…中之島乗換でOK
  5. 阪急…十三乗換でOK

 というわけで、他路線にいまいち行きにくかった京阪・阪急の利便性向上が期待されます。特に、中之島新線は現状では京阪のお荷物になっているだけに京阪関係者にとっても喜ばしい話でありましょう。

 いずれ当研究所でも取り上げてみたいものです(【追記】妄想・なにわ筋新線として取り上げました)。

 ただ、この新線ができると、いよいよ大阪環状線(特に東半分)の存在意義が…


最近の更新
アクセス数
累計: 183359
本日: 1432
昨日: 2439
一昨日: 654

Contents